不動産投資と運用

不動産投資のデメリット

不動産投資のデメリット

定年後などに、資産運用として利用されることが多い不動産投資ですが、デメリットの部分というのもきちんと理解しておいたほうがいいでしょう。
アパートやマンションを購入してそれを賃貸にして家賃収入を得るというのはとても魅力的でもありますが、一番の難題は空室をなくすということです。

 

定期的に満室であれば家賃収入でアパート、マンションを建設した資金を取り戻せ、収入も増やしていくことができますが、空室が埋まらない状態が続くと投資も赤字状態になってしまいます。
満室状態、または満室に近い状態を維持できるよう努力することが必要です。

 

不動産業者と協力して空室をなくすよう部屋の空室アピールをすることもできますが、この場合は不動産業者にも手数料を支払わなければいけません。
しかし、個人での不動産の運営というのは難しい部分も多々あるので、空き部屋が出ないよう不動産業者の協力を得ることは多くの損失を出さない方法の一つともいえるでしょう。
個人ですべて行ってしまえばそれだけ投資の収入も多く見込めますが、個人では手が回らない部分もあり、また的確な助言が得られないことで大きな損失にもつながります。
不動産投資のいい部分ばかりを調べるのではなく、デメリット部分も調べ、うまくいかないときの対処法などもあらかじめ練っておくといいでしょう。

 

また、うまく成功した人だけでなく失敗談なども読んでおくと、デメリット面を知る参考になるでしょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ