不動産投資と運用

人気物件を知ってから不動産投資をする

人気物件を知ってから不動産投資をする

入居者数が多く見込めるのはマンションでしょう。ですが、部屋数の多いマンションだからといって、必ずしも投資した物件が順調にいくとは限りません。
人気のないマンションであれば管理費や維持費に費用が掛かってしまい、家賃収入と見合わない場合もあります。
場合によっては、入居者数が少なくても安定した家賃収入が得られ、管理も簡単なこじんまりとしたアパートのほうが投資が成功する場合もあります。
自分の所有した土地を使用して建物を建て、それを投資物件としてしていくのであれば、まずは建てるときにどういった建物にするのかも慎重にしなければいけません。
そのためには、人気物件というのを知っておく必要があるでしょう。

 

最近では地震などの心配から高層マンションよりも階数が低いマンションやアパートが好まれる傾向もあります。
また、駅近くの物件であれば駐車スペースはあまり多くなくてもいいでしょう。
車がコンパクトな軽自動車が好まれていて、最近では一家で所有する車の台数が減っていることからもわかるように、マンションの立体駐車場などは必ずしも必要なわけではありません。
充分使用していないのに維持費などで余分な費用が必要になってしまっているマンションも増えているので、総合的に使いやすいリーズナブルなマンションにも注目してみましょう。
また、駅近くであれば、アパートやマンションといった大がかりな建物にするのではなく、駐車場を作るのもいいでしょう。

 

駐車場の使用料金が収入になるので、立地や便利さ、場合によっては、駐車場経営はアパートやマンションよりも効率のいい不動産投資にもなります。



ホーム RSS購読 サイトマップ