不動産投資と運用

次の世代の資産として不動産投資を始める

次の世代の資産として不動産投資を始める

自分が亡くなった後、自分の子供のためにと預金を行っている人もいるでしょうが、その預金をお金として残すのではなく、不動産投資した物件として残していくのもいいかと思います。
預金で残しておくと、自分が使用してほしかった目的とは違った方向で使用されてしまうことも考えられますし、遊んで使ってしまうことも考えられます。
不動産投資として資産を不動産に使用することで、不動産が資産に変わります。

 

その不動産をうまく管理していくことで、引き継ぐ子の世代も資産を増やしていくことができますから、無駄にはならないのです。
また、資産を不動産投資に使うことで、子世代に不動産運営の勉強をさせることもできていいかと思います。
投資のノウハウというのは人から教えられることも多いですが、多くは自分が学んでつかんでいくことです。
投資のために購入した不動産は自らの勉強なしでうまく収入を上げていくことはできないでしょう。

 

資産を自分の力で増やす方法を自分だけでなく次の世代にも学んでほしいと思う人は少なくないはずです。
うまく資産を増やしていく方法を学んでもらうためにも、預金を不動産投資に使うことは価値があると思います。
特に定年後は働いて預金を増やしていくことは困難になりますから、自分の生活の為にも不動産投資に預金を使うのもいいのではないでしょうか。
定年後に年金などのほかに一定の収入があるということは、毎日の安定した生活につながります。



ホーム RSS購読 サイトマップ