不動産投資と運用

不動産投資のための物件で住居を得る

不動産投資のための物件で住居を得る

昔から同じ土地に住んでいる人の中には、親戚などの一族のほとんどもずっと同じ土地に住み続けているということもよくあります。
そういった人は昔からの地主の人も多く、所有している不動産で収入を得ている人も多くいます。

 

また、多くの不動産収入を得るために入居者数が多いマンションを建設する場合もありますが、マンションの場合は空き部屋をなくすことが大事です。
そのため、自分たちもそのマンションの部屋で住んでしまうという方法があります。
自分たちがすでに住居を所有しているのであれば、子供夫婦に貸すことも可能ですし、古い住居であれば、古いほうを売ってしまって新しいマンションの部屋で暮らすのもいいと思います。
新しく戸建てを建設したりリフォームするよりも効率がいいですし、入居者から家賃収入も得られるのでお得でしょう。
一族や親せきが多い地主であれば、空き部屋対策のために知り合いや親族が不動産投資物件で暮らすのもいい方法です。

 

また、親夫婦が元気に暮らしているうちは、同居を避けるために子供夫婦が不動産投資しているマンションで生活するというケースもあります。
後々は親夫婦の家に同居という流れも望めますので、お互い気を使わずにいいのではないでしょうか。
地主である家は、先祖代々からある母屋を簡単に売ることもできないですから、母屋を残して次の世代にうまく引き継ぐためにも不動産投資して物件をうまく使用していくことがいいでしょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ