不動産投資と運用

不動産投資をするときに出てくる問題

不動産投資をするときに出てくる問題

アパート、マンションといった建物で不動産投資をする場合、考えておかなければいけないのが建物の老朽化です。

 

建物もそうですが、中のキッチン設備やお風呂場の機能など、時代とともに最新機能がでてくるので、建てられた当時は最新機能でも年々そうではなくなってきてしまいます。
若い新婚夫婦やマイホーム購入前の夫婦もそうですが、新しさや便利さを優先して賃貸を選ぶことも多いので、新しさや綺麗な設備、機能というのは不動産投資している物件の大きな強みになってきます。
満室状態を目指すためにも、古くなって機能に差し支えが出るようなものは取り替えるようにしましょう。

 

賃貸の場合は、一度住んでしまったら、多少気に入らなくても引っ越しをするのが面倒で何年も住み続けていく人は多いですが、新婚夫婦の場合は住む期間は限られていることも多いでしょう。
次の入居者などがすぐに決まればいいですが、決まらなければ人が住まないまま空き部屋が続き、家賃収入の減少とともに建物の老朽化にもつながります。
住んでいない空き部屋は部屋が湿気臭くなったりカビ臭くならないためにも、まめに風通しを行うなどの配慮も必要です。
部屋を見に来たときにこのカビ臭さや湿気の感じを嫌がって入居者が決まらない場合というのもあるのです。

 

壊れたり古い部分を部分的に交換するだけでも部屋は新しくきれいに見えますので、建物の老朽化にも気を配るといいでしょう。
不動産投資を順調に行うには、物件への関心も必要です。



ホーム RSS購読 サイトマップ