不動産投資と運用

年配の人の不動産投資とは

年配の人の不動産投資とは

先祖代々の土地を所有している人は、たとえ使っていない土地があったとしても売ってしまうことはできないという人も多いでしょう。
そういった人は税金対策のためにもなる不動産投資がお勧めです。

 

ですが、高齢になってから不動産投資をするには不安に感じる人もいるでしょう。
定年する世代の人にとっては、投資は身近なものではなく、無難に銀行に貯金をして資産を増やしてきた人も多いかと思います。
そういった人が定年後にいきなり自己資産を投資に使うのは不安に感じるのも当然です。

 

ですから、年配の方が不動産投資をするのであれば、必ず子供や信頼できる親戚に相談するのも大事です。
不動産業者だけだと、得する情報しか流さない場合もあるので、必ず身内の意見を聞いておくようにしましょう。
特に先祖代々の土地に関しては、自分が所有者であっても、自由に建物を建てたりすることをよく思わない親族が出てきたりもするので、不動産投資をすることで身内で揉めないようにしておきましょう。
また、万が一病気やけがなどで不動産の管理ができなくなった時も、そのまま放置しておくことは危険なので、万が一の時に管理できる人をつくっておくといいでしょう。
身内や親せきでいないときは、不動産会社に管理や必要な事柄を委託するのもいいかと思います。

 

不動産会社は不動産のプロですから、やはり不動産関係で何か困ったことがあった時には相談すると安心できます。
不動産会社と信頼関係がつくれるといいでしょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ